会社概要 | ブルーハウス | さいたま市 大宮の不動産・新築・中古・一戸建て・土地・マンション
 

会社概要

HISTORY会社沿革

ブルーハウス株式会社は2009年12月22日に法人設立をし、 翌年の2010年3月12日に宅建業免許取得、不動産売買仲介築代行業務開始、 2012年5月には分譲事業、2013年3月建売事業を開始し事業の幅を拡大いたしました。 2014年10月に本社を現在の住所に移転、さらに資本金を2,000万円に増資。 2015年7月には本社2階を増床し、、2016年12月にブルーハウスホールディングス株式会社を設立、建設事業を開始し、地元大宮に根ざした物件探しのお手伝いをさせて頂いております。

BLUE HOUSE Profileブルーハウス概要

ブルーハウスホールディングス株式会社

商号 ブルーハウスホールディングス株式会社
代表取締役 佐々木裕二
所在地 〒330-0846
さいたま市大宮区大門町3丁目197 星野第二ビル2階
TEL 048-780-2413
FAX 048-780-2414
資本金 1000万円
設立 平成28年12月5日
営業時間 9:00AM〜8:00PM 水曜定休日(祭日は営業)

ブルーハウス株式会社

商号 ブルーハウス株式会社
免許証番号 埼玉県知事免許(2)第21824号
会員 (公社)埼玉県宅地建物取引業協会 (公社)全国宅地建物取引業保証協会 不動産公正取引協議会
代表取締役 佐々木裕二
所在地 〒330-0846
さいたま市大宮区大門町3丁目197 星野第二ビル1階
TEL 048-780-2413
FAX 048-780-2414
資本金 2000万円
設立 平成21年12月22日
営業時間 9:00AM〜8:00PM 水曜定休日(祭日は営業)

ブルーハウスメイクス株式会社

商号 ブルーハウスメイクス株式会社
代表取締役 佐々木裕二
所在地 〒332-0016
埼玉県川口市幸町3丁目8-7
資本金 300万円
TEL 048-229-4600
FAX 048-229-4603
設立 平成29年1月5日
営業時間 9:00AM~8:00PM 水曜定休日(祭日は営業)

大和株式会社

商号 大和株式会社
代表取締役 吉岡優輝
所在地 〒983-0038
仙台市宮城野区新田1丁目11-30
資本金 500万円
TEL 022-352-6695
FAX 022-352-6596
設立 平成24年7月9日
営業時間 9:00AM~8:00PM

Access Mapアクセスマップ

Party Lists取引先一覧

取引先 金融機関一覧
  • 青木信用金庫
  • 大光銀行
  • 東日本銀行
  • 足利銀行
  • 大東銀行
  • みずほ銀行
  • きらやか銀行
  • 中央労働金庫
  • 三井住友銀行
  • 群馬銀行
  • 東和銀行
  • 武蔵野銀行
  • 埼玉縣信用金庫
  • 栃木銀行
  • 山形銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 日本政策金融公庫
  • 三井住友信託銀行
  • 常陽銀行
  • 飯能信用金庫
  • 三菱東京UFJ銀行
取引先工務店 ハウスメーカー
  • 小林工務店
  • 真規家工務店
  • オープンハウス・アーキテクト
  • ミサワホーム
  • トヨタホーム
  • 三井ホーム
  • 大和ハウス
  • サンヨーホームズ
  • 旭化成ホームズ
  • 一条工務店
  • ミサワホームセラミック
  • 桧家住宅
  • アキュラホーム

BLUE HOUSE Photos施設写真

Corporate philosophy 経営理念8ヵ条

楽しく、安心でき、後悔しない家探しを。

全てのお客様に楽しく、安心でき、後悔しない家探しを。

住の世界の日本発トップブランドになる。

ブルーハウスは建設・不動産業を通じて、人をハッピーにする 住の世界の日本発トップブランドになる。

フェアで新しい建設・不動産を創って行く。

変化を喜び、他社と違うことを恐れない。

ホスピタリティーを 常に追求する。

身内に進めるような接客、真のおもてなし、ホスピタリティーを常に追求する。

毎回最高の サービスをする

毎日開店日の心で、お客様に慣れずに毎回最高のサービスをする。

礼儀を重んじ、 フェアな組織を創る。

まず人として礼儀を重んじ、時間や約束は守る。不正を許さず不正に負けず、フェアな組織を創る。

おもてなしの 心は忘れない

おもてなしの心は忘れない、社内でも社外でも。運転中の譲り合いから来店する運送屋さんや電話の対応等、例外はなし。

青にこだわる。

備品、トイレットペーパー等あらゆる物をできる限り美観と両立させながら青にこだわる。

AED の設置

当社は、万が一の事態に備えたいという想いから、 2016年7月に救命救急医療機器の AED(自動体外式除細動器)ボックスを本社フロアに設置いたしました。 また、AED の設置にあたり、社員は救命救急講習を順次受講し、 緊急事態においても即時の対応ができるように体制を整えております。 緊急の際は、どなたでもご自由にお使いいただけます。 AED ボックスの扉を開けるとブザーが鳴り、緊急が発生したことを周囲に知らせます。